社会性欠乏サラリーマンの日記

普通の会社員の日記です。(今は転職先入社までのプー期間)

「罪の声」(塩田武士)を読んで

塩田武士さん、初めて読みました。

 

グリコ・森永事件は、1985年に実際に起きた事件でした。

かい人21面相と名乗り、当時、マスコミで毎日のように取り上げられ、社会的に大きな関心が高かったことを記憶しています。

 

あの事件を元に作られているということから、どんなサスペンスかなと思い読み始めました。

f:id:BullBull-Musao:20200508092712j:plain

 

読後の感想としては、サスペンスではなく、自分や近親者の過去とどう向き合うか、そして、今後、どう生きていくのか、という人間の心の機微の物語だと思いました。

 

どうしようかな。

私は、一人の作者を読み尽くさないと気が済まないたち何ですけど、どうしようかな。

もう一冊、買ってはあるんだけど。

これ以上、押さえる作家が増えると、生活する時間が、、、

 

2020年5月8日(金)